12月14日 経営者向け新サービス誕生!「現場力診断秘書サービス」

~ 真の経営課題と解決へのヒントが得られる ~

12月14日 経営者向け新サービス誕生!「現場力診断秘書サービス」

 日本ビジネスマナー協会(所在地:東京都港区麻布十番/代表:松永 典子)は、相次ぐ企業の不祥事やトラブル増加で経営者が現場の実態を把握することの重要性を背景に、経営者のための「現場力診断秘書サービス」を2015年12月14日より東京23区内で開始し、順次提供エリアを拡大致します。

 本サービスは、小売業や飲食業などの接客を伴う業種・業態において、真のビジネスマナーを熟知した専門家が、店舗や企業に顧客として訪問し、現場の実態を顧客満足度の視点から調査。これまで当協会が培ってきたノウハウをベースに、企業ニーズに合わせてカスタマイズした内容で診断し、フィードバックいたします。現場からの報告だけでなく、第三者からの情報を考慮した現場の実態把握が可能となります。

 企業の不祥事やトラブルを未然に防ぐ「転ばぬ先の杖」としての活用が期待できます。

【概要】

名 称:現場力診断秘書サービス

開始日:2015年12月14日(月)

内 容: CS専門家が企業や店舗の現場を調査し実態を報告するサービス

※CS(Customer Satisfaction)= 顧客満足

価 格:クイック診断30,000円(税抜) 標準60,000円(税抜) 

※交通費、宿泊費、その他実費負担分は別途請求。

※ご要望に応じてカスタマイズし、お見積りさせていただきます。

サービス紹介ページ: http://www.bizmanners.jp/mystery-shopper/

※2015年12月14日午前6時から公開予定

- 代表 松永 典子 プロフィール - 1976年石川県金沢市生まれ愛知県育ち。東証一部上場企業の役員秘書等を経て、様々な企業で品質管理責任者(顧客満足度向上に関する諸施策立案・マナー講師)に従事。顧客満足度向上に貢献し、全ての企業において数値目標 KGI 100%達成。

国内サイトのリリース掲載状況 ────────────────────────────────────────

◆メディアサイト・ポータルサイト

共同通信PRワイヤー

共同通信社 共同通信デジタル

毎日新聞

47NEWS exciteニュース gooビジネスEX Infoseekニュース livedoorニュース SEOTOOLS 徳島新聞 VNR.ch AGARA紀伊民報 宮崎日日新聞 J-CAST 四国新聞社 internetcom.jp RBB TODAY Response ダイエットクラブ Asahi Shimbun Digital &[and] M BizBuz 下野新聞SOON みやビズ Impress Watch Headline 東京バーゲンマニア Jタウンネット ジョルダンニュース! dot. 福井新聞 宅ふぁいる便 京都新聞 河北新報 ONLINE NEWS StartHome

福島民友 山形新聞

◆検索系サイト

Google Fresheye

以上

お薦めの投稿
最近の投稿
アーカイブ
タグで検索
フォローする
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Facebookのクリーン
  • Twitter のクリーン
  • Instagram - White Circle

日本ビジネスマナー協会 お問い合わせ先

 

info@jpmanners.com

03-6435-3112

(平日10時~18時受付)

Copyright © 2020 Japan Business Manners Association.

【著作権について】

日本ビジネスマナー協会(以下、当協会といいます)がインターネット上などで提供しているすべての著作物(コンテンツ)に関する著作権は、当協会または原著作者その他の権利者に帰属します。

これらの著作物(コンテンツ)を当協会、原著作者の許諾を得ることなく、各ページやそのコンテンツの全部または一部を複製、公衆送信、引用、改変、切除、放送、蓄積、頒布、販売、お客様のウェブサイトへの転載等する行為は著作権法により禁止されています。

 

事前に当協会にご連絡の上、許諾を得ていただくよう伏してお願い申し上げます。

*著作物とは「思想又は感情を創作的に表現したもの」と定義(第2条第1項第1号)

*著作権を侵害するような類似したコンテンツ(著作権法に違反する犯罪)を発見された場合には、日本ビジネスマナー協会(info@jpmanners.com)までご連絡いただきたく存じます。

 

みんなでマナーを守り、誰もが安心して著作物を公開できる社会の実現に向け、皆様のご協力を伏してお願い申し上げます。

著作物が自由に使える場合(文化庁HP)