人権の擁護又は平和の推進を図る活動
 

昨今は戦争やテロ、未成年の犯罪など、死に至る痛ましい事件が後を絶ちません。
自己の利益を優先し、最も尊重されるべき人の命を軽視するなどの、

人権問題が大きな社会問題となっています。

「自分さえよければ良い」という自己中心的な考え方が蔓延した結果、

社会秩序が乱れ、このような事態を引き起こしているのではないでしょうか。

深刻な事態にある今こそ、本質的な問題解決を図るための、社会全体の意識改革が必要です。

このような現実をふまえ、「人としてどうあるべきか」

あるいは「人としてどう接するべきか」といった、

自分自身の考え方や行動を改めて見直すきっかけ作りを行うなど、

「お互いの人格を尊重し合える心」を普及させることを目的とした、

「日本ビジネスマナー協会」を設立致しました。

「人格の尊重」を起点とする価値観を確立し、

人権問題を解決するための活動を積極的に取り組んでまいります。

代表メッセージ
 

私どもと関わりのある方々と共に、ボランティア活動にふれる機会を設けることにより、

「お互いの人格を尊重し合える心」を体得し、21世紀の社会を担う子どもたちが

我々大人の姿を見て、「お互いの人格を尊重し合える心」の重要性について

理解を深めていただくことができれば幸いでございます。


「日本ビジネスマナー協会」のボランティア活動を通して、

一人でも多くの方に「お互いの人格を尊重し合える心」を普及し、

微力ながら社会の平和に貢献できるように努めてまいります。

日本ビジネスマナー協会  代表 松永 典子

日本ビジネスマナー協会

  • Facebookのクリーン
  • Twitter のクリーン
  • Instagram - White Circle

日本ビジネスマナー協会 お問い合わせ先

 

info@jpmanners.com

03-6435-3112

(平日10時~18時受付)

Copyright © 2020 Japan Business Manners Association.

【著作権について】

日本ビジネスマナー協会(以下、当協会といいます)がインターネット上などで提供しているすべての著作物(コンテンツ)に関する著作権は、当協会または原著作者その他の権利者に帰属します。

これらの著作物(コンテンツ)を当協会、原著作者の許諾を得ることなく、各ページやそのコンテンツの全部または一部を複製、公衆送信、引用、改変、切除、放送、蓄積、頒布、販売、お客様のウェブサイトへの転載等する行為は著作権法により禁止されています。

 

事前に当協会にご連絡の上、許諾を得ていただくよう伏してお願い申し上げます。

*著作物とは「思想又は感情を創作的に表現したもの」と定義(第2条第1項第1号)

*著作権を侵害するような類似したコンテンツ(著作権法に違反する犯罪)を発見された場合には、日本ビジネスマナー協会(info@jpmanners.com)までご連絡いただきたく存じます。

 

みんなでマナーを守り、誰もが安心して著作物を公開できる社会の実現に向け、皆様のご協力を伏してお願い申し上げます。

著作物が自由に使える場合(文化庁HP)